レディー

年齢をカバーしたいならしわに効く化粧品を使おう

年代によって商品を変える

ウーマン

時代と年齢にあった物を

メイクはいつも同じ物を使用するといいというのではないです。年齢に有ったものを使うことで、よりいい状態のメイクが出来ます。特におすすめなのは、年齢にあった商品を付けることです。そして、つけ方も若い時と同じようにつけるのではなく、一工夫が必要となってきます。おすすめは、年齢が上がるにつれて、しわや皮脂の出方が変わってきます。ベースになる下地は厚塗りをするのではなくて、ナチュラルになるように薄くつけることです。そして、鼻周りなどは皮脂の出方が多いので、この辺りは薄くつけるようにします。肌のメイクのベースとなるファンデーションの下地も、おすすめはつやと適度な潤いを与える物を選びます。肌の高い位置にはつやを与えて、陰になる部分には潤いを与えてくれるものを選択します。そのあとのファンデーションもリキッドタイプならば、肌全体に塗るのではなくて、顔の中心部に塗って広げていく感じにします。塗り方もここは注意していくと、厚くなりすぎないメイクになります。そのあとに、おおきいパフで伸ばしていくようにします。年齢が上がるにつれて、おすすめはっコンシーラーをうまく使うことです。肌のくすみもでてくるので、うまく他の肌色と調和出来るように、塗っていくことで、よりナチュラルに仕上げる事が出来ます。ポイントメイクは、流行を取り入れつつもつやとナチュラルを意識して、引き算のメイクを心がけるようにすると、うまくまとまっていきます。